人生

やっていきましょう

完全に治ったといえばウソになるが、頭の疲れは大分よくなった。今このブログを書いている時にはすっかり良くなり、このまま夜中の3時まで開発できるくらい元気になった。 しかし脳疲労が取れるまでに2日と数時間の睡眠を必要とした。この疲れは何だったのか…

一度休めば元気になると思ったがそうはならなかった。昨日と同じ脳疲労。脳の全体がほてっていて、頭が正常に働かない。 運動すれば治るかもしれないと思って、寒空の中、夕方に家を飛び出してランニングをした。ランニングといえばもう数か月もしていなかっ…

嘘のように体調が悪い。風邪っぽいとか熱があるとかではなく、とにかく脳が疲れている。コーヒーやドリンク剤を飲んで力をつけようとしたが無駄だった。自分は今相当疲れている。 こんな状態でもデイリークエストはしっかりやる。そういえばワクチンの副作用…

創作が前進した。今まで数か月も停滞していたが、ひとつのひらめきですべてが解決した。 つまりこういうことだ。自分はゲームを作っている。そのストーリーの進行のためにちょっとしたワンシーンを入れている。そのワンシーンがお粗末なのはともかく、自分が…

何度も繰り返して言うが、自分が無能であるという前提は絶対ではない。現状無能であり、その傾向は修正し難いものだとしても、無能を修正できないわけではない。 問題は何が間違っていて不適切かであり、それ以外の評価は不要である。自分が無能であるかどう…

今年一年を振り返ると、やはり無意味な時間を過ごしたと思う。全体的に見て様々なことに対する意欲が喪失し、運動もせず、惰性で過ごす日々が多かった。 今年はどういう年だったか。TOEICで830点を取り、Apexから離れ、新しいゲームを始めた。開発は相変わら…

学ぶということが自身の改善に繋がるとは限らないが、現状学ばないでいることは自身の知識や思考を修正する機会を失うばかりでなく、それらを自明のもとに埋没させることにもなる。 老人が若い世代に比べて適応に難があるのは加齢によるものばかりではないだ…

新たな着想を得た。開発中のシーンに新たなイベントを追加した。これによりゲームの展開にメリハリがついた。自分が探していたのはこれだった。 そのイベントとは、ボスが通常の手段では倒せないので、主人公に弱点を探させるというものである。ボスをイベン…

久々に正気を取り戻した。それまでの自分は少し呆けていた。 文字を吐き出すという習慣が、自分の思考を鈍らせることがある。思考と連想の区別はつくようになってきたが、実際に書いているときは何も考えておらず、大抵思いつきやすい話題を引き出して勝手に…

何か理解できない文章にぶつかったとき、その文章の方が悪いと考えるようになっている。これは悪い傾向だ。自身の知的怠慢を相手の能力不足であると誤解している。 理解できないものに対して自分は以前よりも理解しようとしなくなっている。自分が手放しに理…

新しい情報を取り入れて自分のものにするということをまったくしていない。最後にそれを行ったのは5月のTOEICで、それ以来惰性でゲームをすることしかできていない。 自分がまったく触れたことのない領域に触れ、自分の頭で開拓していくということをしないと…

気づいたらダイヤに到達していた。MMOを始めてからほとんどやっていなかったがいつもよりも早く達成できた。 新しいマップは面白かった。新しいレジェンドも新鮮だった。ただ以前のような嬉しさがない。以前のようにストレスを溜めることもない。 知り合いは…

別のプラットフォームに書いた数年前の自分の記事を見て驚愕した。文章の熱量が今の比ではなかった。とにかく凄まじい気迫が伝わって来た。あれはいったいなんだったのか。 丁度自分が窮地に立たされていてかなり精神がやられていた頃だった。あの時はとにか…

自分がその作品、そのジャンルが嫌いだということと、その作品に優れた点があるということは区別したいものである。自分の個人的感情に基づいて作品を評価していると、自分の好ましい作品以外から何も学ぶことができない。 見ていて苦痛に感じる作品であれ、…

自明かどうか、無意味かどうかは関係なく、あるひとつの妥当と思われている価値観が、そうでなかったかもしれない無数の可能性を押し倒して、いまここにあるということに感動を覚える。 自分は笑いについてよく考えるからその例を挙げるが、自分はいつも無数…

創作がまったくできなくなった。アイデアが湧かない。ぼんやりと全体像は見えているが、どうしても面白い展開にならない。うまくいけば面白くなると思うのだが。 主人公が敵陣に乗り込んだ時、敵は別の敵と対立している。はじめは交渉という体で話し合ってい…

ワールドカップが終わり虚脱感に襲われた。自分は何をしているのか。どこに向かっているのか。何の意味があるのか。あれこれ考えて不安に陥った。 数年前の自分は確かこんなことを言っていた。不安に陥るのは意識の焦点を失うからだ。何かに集中できるものが…

永遠に続くかと思われた平穏が突然破られることがある。数週間前にそれは突然訪れた。身近な人を亡くしたとか、友人から縁を切られたとか、犯罪を犯して捕まったということでもなく、まったく些細なことで自分の心のゆとり、すなわち諦めによって得られてい…

面白いことに気がついた。自分はこの1年まったく勉強をしていない。最後に勉強したのはTOEICで830点を取った4月である。それ以降何をするでもなく、地道にゲームを開発して1年が終わった。 勉強をしないということに危機感がある。2018年頃の段階ではまだ勉…

1270日目

自分の最終目標であるボスのうち、最後の2体目を倒すことができた。レベルは231、前回の盗伐から10日後のことだった。 このボスを倒すのには相当苦労した。ボスの攻撃を7回受けると即死するというギミックがあるのだが、これを解消することがなかなか難しい…

1269日目

自分は惰性という名の瓦礫の山の上に立っている、偶然の産物に過ぎない。意図的に何かをデザインする、方向性を定めるということが自分にはできない。行き当たりばったりの人生。 よく学び自分に取り入れている人間を尊敬する。なかなかできることではない。…

1268日目

自分は何も考えずに、こうすべきだとか、こうした方が良いということを言葉にする。あるいは何か別の信念があって、それを周りが支持しているのだから妥当に違いないと思うことがある。 文面にすればその馬鹿らしさを理解できるのだが、実際ここに書かれた通…

1267日目

自分はもう自分の言葉を信じられなくなった。自分の言葉に自信が持てない。何か違和感がある。 自分の人生で一番向き合ってきたものが言葉だ。この言葉をどうして信じられないのか。自分でもよく分からない。 おそらくこういうことだ。自分は既に何かを言葉…

1266日目

絶対に失敗してはならないという枷が、自分の人生を転落へと導いた。深い傷を残し、いまだに立ち上がれない。 自分が失敗できなかったのは、自分が世間から歓迎される人間ではなかったからだ。自分がそこに存在して良い理由を得るためには、失敗しない、迷惑…

1265日目

先日数億で出していたアイテムが飛ぶように売れた。元手はたったの1000万なので、10倍以上の収入だ。これに味をしめて自分はいまこの装備で儲けようとしている。 現在開発中のイベントで強化アイテムが無限にドロップする。この強化アイテムが手元に10枚以上…

1264日目

自らの信念に挫折した人間はどのようにしてそうなるのか。また彼らはその後どうなるのか。これらのことを描いた作品に、これまで自分は何度か触れてきた。激しい忍耐と激情の末に訪れる穏やかな空白。いずれの作品も、多かれ少なかれ、その空虚さを描いてい…

1263日目

とにかく作者が自分の考えを押し付けたい、読者に説教したいのだとわかる作品がある。こうした作品は読んでいて面白くない。 自分もかつてはそうした考えを持っていた。とにかく自分の美的感覚の暴力で他を圧倒したいということが、ある種創作の動機であった…

1262日目

自分の思考が連想に支配されていると感じる。最近論理的な思考ができず、イメージの連想に意識が引っ張られている。 例えば今日ストーリーを考えている時、話の内容を頭の中に留めておくことができなかった。自分の頭の中に留めてあったはずの対象は、一瞬に…

1261日目

長い間ひとつの作品を一人で創作をしていると、その作品の出来に対して不安になる。自分の作品は面白いのか?演出に違和感はないか?自分の書いたセリフは意味が通じるものか?考えはじめたらきりがない。 最も懸念していることのひとつは、自分の知識量があ…